新年の祈り  

明けまして おめでとうございます。2015年も主の守りと導きをいただきながら信仰生活に励みましょう。また、「平和を実現する人々は、幸いである」(マタイ5:9)の御言葉に励みましょう。以下、先人の祈りを載せました。祈りをあわせましょう。

主よ、私を平和の使者としてください。
憎しみのあるところに、愛を蒔き、
破壊のあるところに、赦しを、
不和のあるところに、執り成しを、
疑いのあるところに、信仰を、
絶望があるところに、希望を、
暗闇があるところに、光を、
悲しみがあるところに、喜びをもたらす者にしてください。
主よ、慰められるより、慰める者、
理解されるより、理解する者、
愛されるより、愛する者にしてください。
与える時に受け、許す時に許され、死の時に永遠の命に生まれるからです。
(アッシジのフランチェスコ)

平和の主よ、
人類の長い苦難の歴史を、深い憐れみをもって顧みてください。
戦争、飢えた幾百万の人々、無数の難民、自然の災害、残酷で無益な死、非人間的な闘争、多くの人々の絶望と苦痛。
メシアの時を早く来らせてください。
国々が平和になり、人間が恐怖と欠乏から自由になり、痛みも涙もなく、御心のままに安らかに生き、あなたの愛を確信する時を。
「御国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ」。
憐れみに富みたもう主なる神よ。
(ジョージ・アップルトン)

平塚バプテスト教会

良い知らせの手紙
>> 続きを読む

自己肯定感
>> 続きを読む