「地の塩、世の光、立派な行い」マタイによる福音書5章13節~16節

あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。マタイ5章16節

 

今日は71回目の創立記念日です。「地の塩、世の光」というみ言葉は皆さんに親しまれてきました。教会やクリスチャンのあり方を表す言葉です。

教会は71年間「地の塩」でした。社会の基準とは距離をとってきました。そして教会は71年間「世の光」でした。暗い社会の中で教会はいつも希望を示し続けてきました。世の光とは、教会に集まった人のためだけの光ではありません。「世の」光です。閉ざられた仲間のためではなく「世のための」光、教会なのです。

しかし自分たちが自分たちを地の塩、世の光だと思うように、周囲から教会は世に光と思われているのでしょうか。地域の人々が私たちのことを地の塩、世の光と感じるのは、地域との交流があってこそのことでしょう。私たちは地域との交流によって人々の地の塩、世の光となることができるのです。今日の聖書箇所、私は3つのこと地の塩、世の光、立派な行いを今日は聖書から聞いてゆきたいと思います。

今日の聖書箇所を見ましょう。イエス様の時代、イスラエルの荒野クムランという場所で生活するグループがいました。死海の近くです。クムランの人々は洞窟にこもり、社会と分離し、まったく違う価値基準で、自らに厳しい生活をしていました。まさしく塩の近くに住む、地の塩の人々だったのです。クムランの人々は、自分たちを光の子と呼びました。そして一般社会の人々を闇の子と呼びました。しかし、彼らは本当に光だったのでしょうか。おそらく洞窟で暮らした人々の光は、人々には届かなかったでしょう。彼らは地の塩でしたが、世の光ではありませんでした。

イエス様はクムランの人々のように社会から独自性を持った地の塩のようになりなさいということと同時に、隠れず世に出てゆき、世の光となりなさいと語りました。私はここで伝えられていることは3つあると思います。それは「地の塩」「世の光」そして「立派な行い」ということです。

立派な行いとは地域、世界の中に必要とされることを行うことです。教会や私たちが困っている人、寂しさを感じているに寄り添い、共に歩むことが立派な行いです。病気や寂しさから元気をなくしている人と共に過ごし、共に歩むことそれが立派な行いです。他にも様々な立派な行いがあるでしょう。私たちは自分たちを塩、光と呼ぶだけではなく、それを具体的に現す者として歩むように促されています。

私たちが立派な行いをするからこそ、世の塩であり、世の光となるのです。そのように人々の幸いのために行動を起こしてゆくのが、教会なのではないでしょうか。そしてそれは地域活動という行いで、表されているのではないでしょうか。

創立71周年を祝います。私たちは塩として歩みましょう。そして閉じこもるのではなく、世へと出て行く光となりましょう。「立派な行い」をしてゆきましょう。それが神様が私たちに示していることではないでしょうか。

 

「バプテストのヨハネ」 マタイによる福音書3章1節~12節

エルサレムとユダヤ全土から、また、ヨルダン川沿いの地方一帯から、人々がヨハネのもとに来て、 罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。

マタイによる福音書3章5~6節

 

「教会」というテーマで宣教をしています。私たちはキリスト教のバプテスト主義の教会です。バプテスト教会は自由と平等と民主主義を大切にする教会です。教会員全員、あるいは今日初めてきた人もみんな平等に尊重される教会です。教会の中に上下ありません。自分たちの教会の事は本部が決めるのではなく、自分たちで決めます。教会の全員が一人一票を持ち、民主主義的に運営されています。私たちの教会は様々な面で、平等、自由、民主主義を大切にしています。

歴史的にバプテストは17世紀にイギリスで発祥し、アメリカを経由して日本に伝わってきました。直接にバプテスマのヨハネとバプテストがつながっているわけではありません。しかし、私はバプテスマのヨハネとバプテストにはたくさんの共通点があると思います。彼もバプテストだったのではないかと私は思います。今日はヨハネが大事にしたバプテスマと平等さということを見てゆきたいと思います。

今日の箇所を読みましょう。今日はバプテスマのヨハネをバプテストのヨハネと呼びます。ヨハネ以前からバプテスマは行われており、それは穢れを取り払うために何回でも受けてよく、自分で水に潜るものというものでした。しかしこのヨハネのバプテスマは、1回限りで、罪の告白を伴う、これまでとは全く違う特徴を持ったバプテスマでした。私たちのバプテスマとの共通点が多くあります。

このバプテストのヨハネのバプテスマ。ここには平等というテーマが含まれていると思います。なぜならそれは、穢れた者だけが受けるのではなく、全員が受けるべきものとされたからです。特に宗教的なエリートに向けて、厳しく語っています。自分たちを誇らないようにと厳しく伝えています。

バプテストのヨハネは神の前に全員が等しく罪人であるということにおいて、平等だと主張しています。だからこそ全員が、その罪の告白と信仰の告白、そしてバプテスマが必要だというのです。バプテストのヨハネも現代のバプテストと同じく、神の前における平等を訴える者でした。全員平等に罪人であり、全員が決定的な再スタートをせよと主張したのがバプテストのヨハネだったのではないでしょうか。

すでにバプテスマを受けた方々はすでに新しい生き方をスタートしている方です。生き方の転換がすでにそこからはじまっています。もう一度それぞれに自分の信仰を確認しましょう。これからバプテスマを受けたいと思っている方、この教会に加わりたいと思っている方がいるでしょうか。一緒に新しい生き方のスタートを切りたいと願っています。ふさわしくなったらバプテスマを受けるのでもありません。今のあなたからスタートしてほしいのです。

 

 

「希望を持ち続ける教会」マタイによる福音書12章14節~21節

彼は傷ついた葦を折らず、くすぶる灯心を消さない。異邦人は彼の名に望みをかける。

マタイによる福音書12章20~21節

 

今日はペンテコステ礼拝です。1か月間「教会」ということをテーマに宣教をしてゆきます。ペンテコステに聖霊が下り、告白が始まり、教会が始まりました。この聖霊とは一体何でしょうか?聖霊とは目に見えないけれども、たしかに神様が働いている、その力です。人を動かす力。信仰を告白させる力です。今日は聖霊によって力づけられている教会についてみてゆきます。

以前にも増して最近、教会の中で「感謝です」という言葉をよく聞くようになりました。社会の状況を見れば、ちっとも感謝できるような状況にない中で、それでもなぜか教会の中では「感謝です」という言葉が交わされています。教会はなぜこんなにも、感謝できるのでしょうか。きっとそれは私たちがどんな時でも神様から希望をいただくことができると信じているからです。その信仰は私が信じると決めたからあるのではありません。聖霊が働いて、信仰を持ち続けることができます。そしてそれによって私たちはなぜだかピンチで感謝ができるのです。信仰によって、私たちはどんなときでも希望を持ち続けることができるのです。

今日の聖書箇所を読みましょう。イエス様は聖霊の力を受けて活動を始められました。その働きは弱さを持つ者に寄り添い、福音を告げ、弱っている人々、苦しんでいる人々に希望を与えてゆくということでした。

20節の「葦」とは弱さや、不安定さの象徴です。イエス様は傷ついた葦のように、弱くされている人を守り、殺さないお方です。「くすぶる灯心」という言葉も出てきます。それはいつ消えるともわからない弱々しい光です。イエス様はその小さな灯を消さないお方です。イエス様は傷ついた弱き者、私たちの、消えそうな小さな明かり、希望を守ってくださるお方なのです。

私たちはそれを自分の力ではなく、聖霊の力によって信じます。私たちはどんなときも必ず守られると信じます。だからこそこんなピンチの時でも教会には感謝の言葉があふれているのです。21節には「異邦人は彼の名に望みをかける」とあります。本当は希望なんか持てない状況にいるその私たちが、イエス様に望みを置くようになるのです。

私たちはこの不思議な希望の集まりに一人でも多くの方に加わってほしいと願っています。特に新しく来られている方にもお伝えします。あなたにも聖霊が働き「私はこの希望を信じている」と告白し、バプテスマを受けてほしいと願っています。そしてもしそのお気持ちがある方は、私や信仰の仲間にお示しください。もっとそれがはっきりと与えられるように、一緒に祈ってゆきましょう。すでに信じて信仰を告白しているという方にもお伝えます。告白は一度きりのものではありません。繰り返し起こされるはずです。イエス様に希望を置くという告白がもう一度今日、みなさんにも起こるはずです。それを祈ってゆきましょう。

 

「地域に仕える教会」マタイによる福音書19章1節~12節

あなたがたのうちでいちばん偉い人は、仕える者になりなさい。

マタイによる福音書23章11節

 

私たちは「地域と福音」というテーマでみ言葉を聞いてきました。教会は毎週木曜日10:30~12:00、教会の「こひつじ館」を「こひつじひろば」として開放しています。誰でも集える無料の子育てスペースです。特にコロナ禍の中では地域に必要とされるものになりました。公共施設の多くが使用できなくなる中で、教会の庭や会堂のこどもスペースの開放に、多くの人がここを必要として集いました。

こひつじひろばの活動や特徴は、私たちが地域とどう関わろうとしているのか、どのように隣人になろうとしているのかをよく表しています。私たちは地域の必要に応えているということです。そして話を聞くことが中心だということです。教会は地域との関係を上下関係でとらえず、教える側、提供する側、救う側になるのではなく、対等な相互関係としてとらえて活動をしています。私たちの地域活動は、必要に応えてゆくこと、人々の声を聞いてゆくことを、大切にしているといえるでしょう。今日の聖書箇所を読みますが、私はこの個所から神様が教会は地域に必要に応え、仕えなさい、具体的に働きないと語り掛けていると聞いてゆきたいと思います。

今日の箇所、宗教指導者の中には身に着けるものの形を大きくする者がいました。それは宗教指導者と民衆の上下をはっきりさせるものとなりました。宗教指導者と民衆が対等ではなくなってしまっている、イエス様はその関係を批判したのです。これは誰への批判でしょうか。私は私たちのキリスト教の教会をこの宗教指導者たちに重ねます。教会は地域と上下関係にあるのではない、対等で相互的な関係にあると、私はここから聞きます。教会は上から目線になってしまうことがあります。教会と人々が対等で相互的な関係であることをイエス様は語ったのだと思います。

そしてイエス様は続けてもう一つ批判をしています。宗教指導者は教えていることは正しいが、自分は何もしないという批判です。聖書は「行為よりも信仰が大事」とばかり語っているわけではありません。行動に移すことが重要だと語る場面も多いのです。イエス様はここで私たちの教会の姿について、二つの批判をしています。上下関係になるなということ、そして実行しない者になるなということです。

イエス様は禁止の命令と共に、11節で「仕える者になりなさい」と命令します。聖書の言葉(ギリシャ語)では仕えることを「ディアコニア」と言います。仕える(ディアコニア)はもともと食事を運ぶという意味です。ですから仕えなさいとは教会が地域から尊敬される教えを語るだけではなく、一緒になって働くことです。

地域と福音というテーマで聖書を読んできました。私たちは人々の声を聴き、一緒によい世界を実現してゆくことを願い、働きます。そのようにして地域の人々の「隣人」となってゆくことができるのです。

地域と対等な関係で、必要に応えてゆく。仕えてゆく。そこから必ず福音が聞こえてくるはずです。地域に仕えましょう、互いに仕えましょう。お祈りします。

 

「食べ物を祈る神」マタイによる福音書6章9節~13節

 

御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。マタイによる福音書6章10~11節

 

地域と福音というテーマでみ言葉を聞いています。近年こどもたちの貧困が深刻になっています。たとえばランドセルなどの入学費用について経済的な支援が必要な場合「就学援助費」をもらうことができますが、この制度を利用する人は30年前に比べ2倍以上になっています。それほど生活は苦しくなっているのです。生活してゆくには、食費を切り詰めるくらいしかありません。

先日の「こひつじ食堂」にはオープン前に20人以上が列を作りました。みなさんニコニコしながらお弁当を持って帰りましたが、でも中には本当に食事を必要としている人がいたでしょう。教会は「こひつじ食堂」を通じて、この問題に関わっています。食費を削る窮屈な思いをしている方々に、月に1食ですが、食事をお渡しています。教会が関わるのは、心の内面の問題、魂の問題だけではありません。おなかがすいているという問題に関わることも大事なことです。教会がそのために働きを続けることができるように祈ってください。祈りが私たちのスタートです。

今日の聖書箇所を見ましょう。11節の「糧」は経済的に裕福な時代や地域では、精神的・内面的に、心の支えやみ言葉として受け取られてきました。しかし食事に事欠く時代や地域では、この祈りの受け止め方は大きく違います。本当に口に入れる食べ物を願う祈りとして祈られています。そしてもちろんイエス様に従う人々の多くは貧しくされている人々でした。イエス様もこの祈りをおそらく、まず必要な食べ物をしっかりと食べるということに向けて祈ったでしょう。

イエス様が祈ったのは、今日の食べ物をくださいという祈りです。食費を削らなくてもいいように祈りました。この祈り、私は今のこひつじ食堂への祈りと重なります。しっかりと食べることができますようにという祈りが、この活動につながっています。心の支えも大事です。教会はずっとその支えになってきました。でも今、食べ物を分かち合っていくことも、教会の大事な働き、大事な祈りです。

そしてイエス様の教えたこの祈りは「私」ではなく「私たちに」という複数形で祈れています。みんなに食事が行き渡りますようにという祈りなのです。

私たち「こひつじ食堂」のために祈ってゆきましょう。すべての人に糧を、今この場所が、全員の必要が満たされる場所になるように祈りましょう。神様は私たちにどう祈ったらよいのかを教えてくださるお方です。そしてその中にははっきりと食べ物について祈るようにと教えられています。みんなが食べれるように祈ろうと教えられています。こひつじ食堂の祈りに、この主の祈りを重ねて祈りましょう。