「地域に仕える教会」マタイによる福音書19章1節~12節

あなたがたのうちでいちばん偉い人は、仕える者になりなさい。

マタイによる福音書23章11節

 

私たちは「地域と福音」というテーマでみ言葉を聞いてきました。教会は毎週木曜日10:30~12:00、教会の「こひつじ館」を「こひつじひろば」として開放しています。誰でも集える無料の子育てスペースです。特にコロナ禍の中では地域に必要とされるものになりました。公共施設の多くが使用できなくなる中で、教会の庭や会堂のこどもスペースの開放に、多くの人がここを必要として集いました。

こひつじひろばの活動や特徴は、私たちが地域とどう関わろうとしているのか、どのように隣人になろうとしているのかをよく表しています。私たちは地域の必要に応えているということです。そして話を聞くことが中心だということです。教会は地域との関係を上下関係でとらえず、教える側、提供する側、救う側になるのではなく、対等な相互関係としてとらえて活動をしています。私たちの地域活動は、必要に応えてゆくこと、人々の声を聞いてゆくことを、大切にしているといえるでしょう。今日の聖書箇所を読みますが、私はこの個所から神様が教会は地域に必要に応え、仕えなさい、具体的に働きないと語り掛けていると聞いてゆきたいと思います。

今日の箇所、宗教指導者の中には身に着けるものの形を大きくする者がいました。それは宗教指導者と民衆の上下をはっきりさせるものとなりました。宗教指導者と民衆が対等ではなくなってしまっている、イエス様はその関係を批判したのです。これは誰への批判でしょうか。私は私たちのキリスト教の教会をこの宗教指導者たちに重ねます。教会は地域と上下関係にあるのではない、対等で相互的な関係にあると、私はここから聞きます。教会は上から目線になってしまうことがあります。教会と人々が対等で相互的な関係であることをイエス様は語ったのだと思います。

そしてイエス様は続けてもう一つ批判をしています。宗教指導者は教えていることは正しいが、自分は何もしないという批判です。聖書は「行為よりも信仰が大事」とばかり語っているわけではありません。行動に移すことが重要だと語る場面も多いのです。イエス様はここで私たちの教会の姿について、二つの批判をしています。上下関係になるなということ、そして実行しない者になるなということです。

イエス様は禁止の命令と共に、11節で「仕える者になりなさい」と命令します。聖書の言葉(ギリシャ語)では仕えることを「ディアコニア」と言います。仕える(ディアコニア)はもともと食事を運ぶという意味です。ですから仕えなさいとは教会が地域から尊敬される教えを語るだけではなく、一緒になって働くことです。

地域と福音というテーマで聖書を読んできました。私たちは人々の声を聴き、一緒によい世界を実現してゆくことを願い、働きます。そのようにして地域の人々の「隣人」となってゆくことができるのです。

地域と対等な関係で、必要に応えてゆく。仕えてゆく。そこから必ず福音が聞こえてくるはずです。地域に仕えましょう、互いに仕えましょう。お祈りします。

 

「食べ物を祈る神」マタイによる福音書6章9節~13節

 

御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。マタイによる福音書6章10~11節

 

地域と福音というテーマでみ言葉を聞いています。近年こどもたちの貧困が深刻になっています。たとえばランドセルなどの入学費用について経済的な支援が必要な場合「就学援助費」をもらうことができますが、この制度を利用する人は30年前に比べ2倍以上になっています。それほど生活は苦しくなっているのです。生活してゆくには、食費を切り詰めるくらいしかありません。

先日の「こひつじ食堂」にはオープン前に20人以上が列を作りました。みなさんニコニコしながらお弁当を持って帰りましたが、でも中には本当に食事を必要としている人がいたでしょう。教会は「こひつじ食堂」を通じて、この問題に関わっています。食費を削る窮屈な思いをしている方々に、月に1食ですが、食事をお渡しています。教会が関わるのは、心の内面の問題、魂の問題だけではありません。おなかがすいているという問題に関わることも大事なことです。教会がそのために働きを続けることができるように祈ってください。祈りが私たちのスタートです。

今日の聖書箇所を見ましょう。11節の「糧」は経済的に裕福な時代や地域では、精神的・内面的に、心の支えやみ言葉として受け取られてきました。しかし食事に事欠く時代や地域では、この祈りの受け止め方は大きく違います。本当に口に入れる食べ物を願う祈りとして祈られています。そしてもちろんイエス様に従う人々の多くは貧しくされている人々でした。イエス様もこの祈りをおそらく、まず必要な食べ物をしっかりと食べるということに向けて祈ったでしょう。

イエス様が祈ったのは、今日の食べ物をくださいという祈りです。食費を削らなくてもいいように祈りました。この祈り、私は今のこひつじ食堂への祈りと重なります。しっかりと食べることができますようにという祈りが、この活動につながっています。心の支えも大事です。教会はずっとその支えになってきました。でも今、食べ物を分かち合っていくことも、教会の大事な働き、大事な祈りです。

そしてイエス様の教えたこの祈りは「私」ではなく「私たちに」という複数形で祈れています。みんなに食事が行き渡りますようにという祈りなのです。

私たち「こひつじ食堂」のために祈ってゆきましょう。すべての人に糧を、今この場所が、全員の必要が満たされる場所になるように祈りましょう。神様は私たちにどう祈ったらよいのかを教えてくださるお方です。そしてその中にははっきりと食べ物について祈るようにと教えられています。みんなが食べれるように祈ろうと教えられています。こひつじ食堂の祈りに、この主の祈りを重ねて祈りましょう。

 

「食堂の教会」マタイによる福音書14章13節~21節

イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」       マタイによる福音書14章16節

 

 「地域と福音」というテーマで宣教を続けています。今月は3回にわたって私たちの「こどもプロジェクト」から聞こえた福音を聞いてゆこうと思います。私たちは毎月第四金曜日「こひつじ食堂」を始めました。こひつじ食堂は大人でもこどもでも誰でも利用できる地域食堂です。

この食堂を始めてみて、この活動が地域の人々に支えられていることを実感しています。教会は食堂を助ける側になろうと思ってスタートしました。でも始めてみて知ったのは、私たちこそ助けられる側だということです。この活動は地域の助けなしには継続できません。

私はここにこれからの教会の在り方を見ます。これからの教会は一方的に伝える、提供する、教えるということではなくなってゆくでしょう。きっとこれからの教会は、もっと地域との相互性、相互関係を大切してゆくでしょう。

今日の聖書箇所、私たちの食堂がこれだけの助けを受けているのを見るとき、この5000人の食事の豊かさ、境界線の無さを読み取ります。この食事はもっと相互性のある食事、助け合いの食事だったのではないかと想像するのです。今日この個所から、神様は相互の助け合いを起こすお方だということを見てゆきたいと思います。

今日の聖書箇所を読みましょう。弟子たちは「解散してそれぞれで買って、それぞれで食べよう」と考えました。しかしイエス様はここで、みんなで食事をすることにこだわります。こひつじ食堂に様々な人がにぎやかに集まる食事に、この場面を重ねます。20節には「すべての人が満腹した」とあります。ニコニコしながら、楽しくて笑いながら、おなかいっぱいになったのです。食堂と同じです。

ここにはそのパンと魚は弟子が「与えた」と書いてあります。でもこれだけの人数の食事を12人で配るのは無理です。もっと相互的な食事だったとしか想像できません。そこにいたのは全員「食べた人」という一つのグループだったのです。

この食事は足りないはず、別々に分かれて取るはずの食事でした。しかしイエス様の一声で始まった食事でした。そこには豊かな相互性があり、助ける側、助けられる側の境界線はそこにはありません。私たちもそんな食堂になりたいと思うのです。

私たちは今、この教会と地域が同じ5000人になることができるだろうかということが問われているのではないでしょうか。私たちの教会と地域が、相互に助け合う関係性になってゆくことができるかが問われているのではないでしょうか。

このあと主の晩餐を持ちます。私たちの教会ではクリスチャンが受けるものとして執り行います。でも私たちは信じてこの食事に加わってほしいと願っています。

 

「食事に招いてくださる神」マタイによる福音書9章9節~13節

イエスがその家で食事をしておられたときのことである。徴税人や罪人も大勢やって来て、イエスや弟子たちと同席していた。 マタイによる福音書9章10節

 

私たちは「地域と福音」というテーマで地域活動から福音を聞いています。教会の庭では毎月第二金曜日「炊き出し」を行っています。あつあつの豚汁とおにぎりをボランティアと参加者が一緒に、同じテーブルで食べます。食事の時間を共有することで、自然にお互いの事を語り合うようになります。一緒の食事を通じて、この場所で同じ命、同じ人間として対等で、尊重しあい、信頼しあえる関係が作られます。

今日のマタイ福音書を見ると、食事会の場所が示されておらず、イエス様が人々を自分の家に招いたと想像できます。イエス様はご自分の家の食事会に人々を招いたのです。自宅に招いたのは罪人と呼ばれた人でした。この罪人という言葉には、多くの差別が含まれています。宗教的や社会的に見て「ふさわしくない人」と判断された人はみな、罪人と呼ばれたのです。そして当時の社会では、特に食事の関わりに対して厳しく「ふさわしくないとされた人」がいれば食事会の参加をきっぱりと断りました。

そのような背景の中で読むとき、イエス様が罪人と呼ばれる人、差別された人を、自分の家に招き、一緒に食事会までしたというのは大変な驚きだったということがわかります。ヤバイ食事会です。でもその食事会、きっと本当に楽しかったのではないかと思います。ふだんなかなか食事会に誘ってもらえない人が招かれた食事会です。それは社会からのけ者にされ、希望を持てずにいた人たちが招かれた食事会でした。

招かれた人々はイエス様のことをどんな命も対等に扱う人だ。私のことを招いて、そのまま受け止める人だと感じたのではないでしょうか。まさにイエス様とはそのようなお方です。ふさわしくなくても招いてくださる神様ではありません。ふさわしくない者こそ招いているのがこの食事会です。招かれた場所は、大きな喜びが待っている場所です。仲間が待っている場所です。

私たちの教会もこうありたいのです。ふさわしい者の集まりではなく、ふさわしくない者が招かれたことを喜び合う場所、私たちはそんな教会でありたいと思うのです。それがイエス様の家、教会だと思うのです。

毎月第二金曜日に炊き出しが行われています。イエス様が招いたように、誰とも分け隔てせず一緒に食事をする場所となることを目指しています。そして日曜日の礼拝もそのような場所になることを願っています。

 

「家になってくださる神」ヨハネ14章1節~4節

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。ヨハネ14章2節

 

今月私たちは「地域と福音」ということをテーマにみ言葉を聞いています。私たちの教会は住む場所を失った人たちのために、シェルターを運営しています。先日利用された方は住む場所と所持金を失い、3日間野宿をしている方でした。彼と話していて一番強く感じたのは、私たちには家が必要だということです。そしてもう一つは、私たちは自分を助けてくれる人、精神的な支えになってくれる人が必要だということです。教会がシェルターの働きを、神様の働きとして担っていくことはとても大切なことだと思います。

今日は聖書から、神様は家になって下さるお方だということを読んでゆきたいと思います。神様は私たちに家、住む場所、留まる場所を与えて下さるお方です。そして神様は私たちの心の居場所、拠り所となってくださる、その事を見てゆきたいと思います。今日の個所を改めてみてゆきましょう。

聖書によれば、神様のところには、私たちが住む家がたくさんあるそうです。そしてもし足りなければ神様はまた作ってくださるそうです。そしてさらに3節、神様は迎えるための家を作った後、家の無い人を迎えに行って下さるお方です。そしてその家に招き入れてくださるのです。

それが神様の働きです。なんと、準備して待っているだけではなく、ここがあなたの家だよと招き、迎えに行って下さるお方だというのです。今この時代こそ、本当に聖書に書いてある通りの出来事が起きて欲しいと願います。そして教会がそれを少しでも実現できたらと思います。

そしてもちろんこの個所は住む住宅のことだけを言っているのではありません。神様が私たちに心の家を与えてくださる、心の家になってくださるということもここで示されています。私たちには住宅と共に、心・魂が安心して過ごせる場所が必要です。私たちの人生には様々な出来事が起こります。私たちはその時どこかで、人生の寒さ、雨風をしのがなければなりません。私たちは住宅が無ければ、生きていけないように、心の家となる場所、心・魂が安心して過ごせる場所が必要です。

神様はその家、心の家にもなって下さるお方です。神の家にいるから、私たちは人生の苦しさを乗り越える事がきるのでしょう。実に神様は家の無い人に家・住宅を準備してくださるお方です。そして神様は私たちの家、私たちの心の家・魂の家となって下さるお方でもあります。

教会は神様の働きとして、家の無い人のために、シェルターを開いてゆきましょう。そして私たちも、神様の家に留まりましょう。そこで安心して過ごし、休憩し、歩みましょう。お祈りいたします。