「最後じゃない晩餐」ルカによる福音書24章28節~36節

 

一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。 すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。             ルカによる福音書24章30~31節

 

主の晩餐式について一緒に考えています。1回目は主の晩餐とは十字架を覚えて持つと言うこと、前回は主の晩餐は誰かを置き去りにしていなかを吟味するものだということを見ました。今日は3回目です。最後の晩餐という言葉がありますが、今日の箇所によれば実はあれは最後ではありません。復活後も主の晩餐は繰り返し続くのです。今日はその、エマオの途上という物語の後半部分です。

二人は失意のうちに、そして不思議な出来事への疑問のうちに家へと向かっていました。そこには、一人寄り添って歩く人が与えられました。そしてこの人との食事が始まったというのが今日の場面です。30節には「イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった」とあります。これはイエス様の過越の食事、いわゆる最後の晩餐の際とまったく同じ言い回しです。明らかにこの食事では主の晩餐が行われました。ここでの主の晩餐にはどんな特徴や意味があるでしょうか。主の晩餐は様々な場面で行われますが強調点がそれぞれ違うのです。

今日の主の晩餐の場面では「イエス様は死んでもなお、私たちと共にいる」ということが強調されています。イエス様は十字架にかかられ、その後、復活をされました。そのイエス様は気づかれないほどにそっと寄り添い、聖書を解き明かして下さるお方でした。それに気づくのが主の晩餐の時なのです。そこで示されるのは、主イエスが私たちの気づかない場所で、私たちと共におられ、私たちは主の晩餐でそれに気づくということです。今日の物語がまさにそうです。このことを二人は主の晩餐によってはじめて実感することができました。

イエス様はいろいろなメッセージを主の晩餐に込めています。私たちそれを豊かに受け取ってゆきたいのです。私たちは毎月主の晩餐を持っています。そこでイエス様の十字架を覚えます。でも主の晩餐の意味はそれだけではないでしょう。イエス様が復活してもなお、私たちと伴い、私たちに教え、目を開かせ、信仰へと導いてくれる、そのことも主の晩餐で覚えましょう。

そして神様はそこから信仰の仲間を与えてくれるのです。互いに出会ったイエス様を証しあう仲間です。イエス様の主の晩餐とは失意や疑問を持った人々を結び付けるのです。そしてその分かち合いをしている時、36節「こういうことを話していると、再びイエス様が真ん中に現れた」とあります。イエス様は集められた人々の真ん中に、現れて下さるのです。

私たちはこの主の晩餐を大事に守ってゆきましょう。私たちは主の晩餐で主イエスの十字架を覚えます。私たちの共同体を吟味します。そして主イエスが復活し私たちと共にいるこのことを覚え、次の主の晩餐をいただきましょう。

 

『誰がいないか吟味する晩餐』Ⅰコリント11章17節~34節

 

だれでも、自分をよく確かめたうえで、そのパンを食べ、その杯から飲むべきです。

コリントの信徒への手紙Ⅰ 11章28節

 

「主の晩餐」をテーマとして宣教しています。コリントの人々は毎週日曜日の夕方に、少しずつ食べ物を持ち寄って、家で夕食会をしていました。それは誰でも加わることができる、垣根のない、にぎやかな食事会でした。イエス様の民族や身分や性を問わない食事が再現されていたのです。そしてその中で、主イエスを覚えて私たちの主の晩餐のように、パンを裂いたり、祈ったり、証しをしたり、賛美をしたりしたのです。この運動がキリスト教を広めてゆきました。

しかしキリスト教が広まってゆくと、お金持ちたちは先に食事会を始めてしまうようになりました。後から参加する貧しい人たちは余り物を食べるしかありませんでした。それは貧しい人への侮辱であり、差別でした。このように垣根のない食事会はうまくいかなくなってきたのです。

パウロはそのような食事の様子を聞いて、コリントの人々に手紙を書いています。本来、イエス様がいろいろな人と食事をしたこと、愛とお互いへの配慮が確認される食事の場所だったはずが、互いの間に愛がないことを確認する食事、侮辱と差別に満ちた食事になってしまったのです。仲間割れ、分裂を起こす食事会になってしまったのです。パウロは20節それでは一緒に集まっても、もうこれは主の晩餐にはならないと言います。主の晩餐において、みんながちゃんとそろっているかどうか、よく確かめて、互いに待って、食べなさいということです。誰かいない人がいないか、誰かの分が足りなくないか、誰かを忘れていないか、それをよく確かめて食べなさいということです。自分の事ばかり考えて、自分だけが食べればいい、そんな集まりになっていないか、それを確かめなさい、吟味しなさいということです。28節の確かめなさいは、コリント教会の集まり、共同体に向けて言ったことです。

ここで吟味されるのは、私自身の資格や適性ではなく、共同体です。この集まりが誰かを置いていったり、差別したりしていないか、そのことを主の晩餐で吟味しなさいとのパウロは言っているのです。

この後、残念ながら食事と主の晩餐というのは別々に行われるようになりました。それぞれの家で食事をし、教会に集まり、主の晩餐だけを教会でするようになりました。それが今の私たちの教会で行う主の晩餐につながっています。

私たちが主の晩餐の時に確かめることは何でしょうか。それは自己吟味だけではありません。共同体が誰かを置き去りにしていないかということです。共同体を吟味するということです。私たちの中には、誰かを置き去りにしてしまっているということがあるでしょう。つながれない人がいる、集えない人がいる、食べることのできない人がいる、そのことをよく吟味して、食べたいのです。一緒にまた集い、一緒に食べれることを願って、主の晩餐をしたいのです。

 

『ふさわしくない人の晩餐』マタイによる福音書26章17節~30節

 

一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である」

                     マタイによる福音書26章26節

 

 9月から「主の晩餐」をテーマとして宣教します。私たちはイエス様を「思い出す」ために主の晩餐式をしています。ではイエス様の何を思い出すのでしょうか?

最後の晩餐で特にイエス様は「これは私の体である」と言います。これは主の晩餐でも象徴的な言葉です。このパンはイエス様の体なのです。イエス様はそれをわざわざ裂いて、これは私の体と言っています。この体、このパンとは十字架で傷ついたイエス様の体を象徴するものです。引き裂かれた体を象徴します。杯も同じです。「これは私の血である」と言います。イエス様はこの後、十字架で血を流されます。この杯は十字架の上で流れる、イエス様の血を象徴するものなのです。

このように私たちの主の晩餐は、イエス様の十字架の体と血を象徴するものです。イエス様ご自身が、最後の食事、十字架を目前にした時、パンを自分の体、杯を自分の血として弟子たちに教えられ、共に食べるようにと言いました。それが最後の晩餐という出来事でした。それが私たちの主の晩餐につながってゆきます。

このパンと杯をイエス様の体、血としていただき、十字架を思い出すのです。その十字架とは神の子である方が、体を裂かれ、血を流す、神の子が痛みの中におられたという出来事です。この十字架の神こそ大きな希望です。十字架によって、神は苦しみのただなかにおられ、共に苦しみ、共に血を流してくださるお方だと示されているから希望なのです。私たちの主の晩餐はその神の愛、十字架の体と血を、食べるという儀式なのです。今日これを覚えましょう。

誰がこのパンを食べるのにふさわしいかということも大切な問いです。クリスチャンが特別な人だからこれを食べることができるというのは誤解です。この後裏切るユダさえもこのマタイの最後の晩餐には参加しています。ここでは弟子の弱さも示されています。従うつもりでいても、忘れてしまう弱さが示されています。イエス様の最後の晩餐、それは弟子の弱さのためでもありました。

あまりにもふさわしくない弟子がこの食事にあずかったのです。私たちは本当にふさわしくない者です。でもふさわしくない者だからこそ、この食事にあずかりましょう。主イエスの十字架の体と血を覚えましょう。十字架によって私たちは、神が痛みの中に共におられるということを知った、その神の愛を覚えて、ともに食べましょう。それを思い出し、忘れないように食べましょう。

今日の主の晩餐は言葉のみです。どなたも限定されずにこの式に参加します。私たち全員がふさわしくない者としていただきましょう。主イエスの十字架の体と血を覚えましょう。十字架によって私たちは、神が痛みの中に共におられるということを知った、その神の愛を覚えて、ともに主の晩餐にあずかりましょう。

 

 

「私たちを派遣する神」マタイによる福音書10章16節~25節

わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。マタイ10章16節

 

礼拝というテーマで宣教をしています。神様は礼拝から私たちを派遣されるお方です。私たちは礼拝の招きと派遣の循環の中で生きています。神様は今日、それぞれの場所で、神様を愛し、隣人を愛するように私たちを派遣されます。

この1週間はどんな1週間になるでしょうか。こどもたちにとっては新しい学期が始まる緊張の1週間です。神様はみんなにいってらっしゃいと言っています。そして一緒にいるよと言っています。だからきっと大丈夫です。でももししんどかったら教会に逃げてきてもいいです。大人にとってもうれしい事ばかりの1週間ではないでしょう。しなければならないことがたくさんあるでしょう。でも私たちは神様が背中を押して行ってらっしゃいと言ってくれるから、神様から派遣されているから歩むことができます。そしてまた来週の日曜日の礼拝に集いましょう。

今日の箇所、イエス様は12人の弟子たちを派遣します。しかし、派遣される先はかなりしんどい状況です。こんな場所には絶対派遣されたくありません。しかしイエス様は厳しい現実をどのように生きてゆけばよいかを教えて下さるお方です。イエス様は派遣された場所で、証しをするように勧めます。証をするということは喜びの中だけではなく、苦しみや悲しみ、痛みの中で、神様を周囲へと表してゆくことです。態度と言葉で神様の愛を表現することです。苦しいときこそ、傷付けあうのではなく、愛し合うということを選びます。それが愛の神を証しするということです。

もちろん、弟子たちは無理と思うこともあるでしょう。神様は絶対に持ち場を離れるなとは言いません。だめなら次の町へ逃げるように言われます。逃げて逃げて逃げて、逃げ場所が無くなる前に、イエス様は来てくださいます。そして弟子たちの目指すのはイエス様を超えることではありません。「ようになれば十分」なのです。弟子は弟子のままでいいのです。弟子は弟子として、イエス様を真似する、できるだけイエス様に近づいてゆくのです。

このようにイエス様によって弟子たちは派遣されます。苦しみの中に派遣されます。そこで証しをするように、愛し仕えるように派遣されます。どうしてもだめなら逃げてもいいと派遣されます。そしてできるだけイエス様の真似をして生きてごらんそうやって、12人の弟子たちは派遣されていったのです。

私たちの1週間もこのようにはじまり、派遣されます。今日この礼拝から派遣され1週間が始まります。皆さんは神様からそれぞれの場所に派遣されてゆきます。それぞれが派遣された場所で苦しくとも、神に仕え、隣人に仕えましょう。神様を愛し、隣人を愛しましょう。そしてダメな時は逃げましょう。できる限りイエス様を真似して、生きてみましょう。私たちは今日もそのような1週間に派遣されます。そしてまた来週集い、神様から力をいただきましょう。礼拝はすべての人を招かれています。そして礼拝から派遣されます。神様のみ言葉を胸に、今週も歩みましょう。

 

「シャロームは丸」マタイによる福音書5章1節~11節

義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。

マタイによる福音書5章6節

 

聖書の平和「シャローム」とは戦争がない状態を指すだけではありません。何も起きない状態ではなく、平等に向けての激しい動きのある状態を示します。格差や不公平、差別が正され、平等にへの動きが活発にある状態です。

シャロームとは例えるなら丸です。でもこの丸は歪んでいます。抑え込まれている分、飛び出ている分があります。シャロームは全員が満たされ、抑えつけられる人いないこと、それが回復されてゆくことです。そして人を見下す人は、低い目線に立たされていくこと、それがシャロームです。日本は平和かもしれません。でも聖書に立ってシャロームかを見るならば、格差、偏見、暴力、ハラスメント、無責任があふれています。

大切にしたいことは、私たちがこの丸のゆがみを見る時、最も低い場所に起きた出来事、十字架のある場所から見るということです。弱くされ、小さくされている人々のいる場所から世界を見るのです。イエス様はこのシャロームを繰り返し語ったお方です。今日の箇所からイエス様の語るシャロームを見てゆきましょう。

1節にある「群衆」とは貧しい人々、差別に苦しんだ人々、いわば谷の底にいた人々だったと言われます。3節からのイエス様の視点は、底からの視点です。心の貧しい人は幸いだとあります。心が貧しいとは、今まさにへこまされている心のことです。貧しさや困難で、心が疲れ切った人のことです。イエス様はその疲れた人々に、幸いだと語り掛けています。その谷は必ず満たされ、回復するからです。そこにこそ神様の力が働くから、シャロームの力が働くから、幸いだと言うのです。

6節には「義に飢え渇く者」とあります。それは不公平、不平等、差別にあえぐ人たちのことです。正義が欲しい、平等と公平が欲しいと、水を求める人のように、願う人です。イエス様はそのような人に、必ずあなたにシャロームが起こる、その渇きは満たされる、丸くなると言うのです。

私たちはシャロームを約束され、そのために力をいただいている者です。私たちは、イエス様からシャロームの希望をいただきましょう。戦争しないだけではない、私たちの社会の中で苦しむ人が回復されていく希望、そのための力です。私の苦しみの底に共におられ、回復の力を与えて下さるという希望です。その力、シャロームを神様は約束をしてくださっています。

私たちは神様からシャロームのための力をいただきましょう。そしてそのために繰り返し、イエス様の十字架と復活に目を向けたいのです。シャロームの物語を聞いてゆきたいのです。シャロームである方を覚えましょう、そしてそのシャロームを今日も祈り、礼拝をしましょう。お祈りします。