「漕ぎ出してみる」 ルカによる福音書5章1-11節  

群衆が皆イエスから神の言葉を聞こうと思って押し寄せているのに、ペテロは一生懸命網を洗っていた。皆がイエスに神の言葉を求めている時に、彼は背を向けていた。その彼がどうして信仰に入り、イエスの弟子になったのか、それは彼が、一つの事実に出会ったからである。

 ペテロたちは漁師。漁のことは専門家。そのペテロたちが一晩中網を打ったが、何も取れなかった。みんな不機嫌で、黙って網を洗っていた。そこへイエスから突然言われた。「沖へ漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」。ペテロは答えた。「夜通し苦労しましたが、何も取れませんでした」。あなたは偉い先生かもしれないが、魚を取ることについて指示されたくないという思いがにじむ。
 
 「しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と続けて返答するペテロ。ぶつくさ言いながら、ペテロは仲間をうながし立ち上がる。この先生を信じたのではない。ひょっとしたら、万に一つ当たるかもしれない、そう期待したのかもしれない。あるいは、この偉い先生に思い知らせてやろう、と思ったか。おっしゃる通り沖に出て、指示に従って網を降ろす。その上でカラの網を見せて、こう言ってやりたい。「ほうら、ごらんの通り。わかっていただけましたか、先生」。ペテロたちは信仰のゆえに従ったのではなく、不信仰のゆえに従ったというべきか。神を試す。神を自分たちの都合のいいように扱う。
 
 結果は思いもかけないものだった。おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。ペテロたちは何も期待していなかった。しかし、イエスに言われ、「やってみた」。やってみると思いがけない収穫があった。この出来事はキリストの言葉と弟子たちの関わりを示している。ペテロは、自分で考え決意して、「やってみた」のではない。キリストの言葉にうながされて「やってみた」。不承不承、仕方なしに、腹を立てて。
 
 しかし、やってみると現実が動いた。動かないとあきらめていた現実が動いた。網が破れるほどの収穫。長い間漁師をしていた彼には考えられないことであり、人知をはるかに超えたものであった。人間の受け止め切れない祝福が与えられた。その時、彼は今までの意地を張っていた生活、むやみに反発していた生活が、いかに愚かなことであるかがわかった。その時ペテロは、自分の罪を認識した。罪を責められて自分の罪を認識したのではない。祝福を与えられて、自分の罪を知った。光につつまれて、自分の闇を知った。「主よ、私から離れて下さい。私は罪深い者なのです」(8節)。
 
 信仰生活は、人知を超えた神の力、働きにふれることがなくてはならない。そこから信仰は始まっていく。私たちが神を必要としているとか、信仰生活をするのが良いとか、そういうことが信仰の原動力ではない。神が私に迫ってきたから信仰せざるを得なくなる、福音を語らなければおれなくなるというものが、私たちの中に起こされてくるところに信仰の原点がある。

 神の言葉は、ただそこに石ころのように在るのではない。それは、私たちに語りかけられている。神の言葉をただ眺めていても、いくら熱心に観察しても何も出てこない。聞かなければいけない。聞いて、生きてみる。動かないと思っていた現実が動き始める。何にも生み出さないと思っていた世界、不毛の世界が私を満たす世界として活動しはじめる。恵みが私を圧倒する。小さな舟は恵みによって沈みそうになる。 
 
 私たちは神の力を知らず、神の言葉を思想化し、観念化して、キリスト教の教えはこうだ、私たちはこうすべきだということだけを言っていてもだめである。神は生きておられる。神の約束には間違いはない。その通りにやってみるという信仰の飛躍、み言葉に聴従することによってのみ私たちの信仰は開かれていく。

平塚バプテスト教会

将来から現在を見る
>> 続きを読む

18才と81才の違い
>> 続きを読む