レントは自己解放の時 

今日は受難節第4主日礼拝である。今年の受難節は2月18日(水)からで、この日は「灰の水曜日」(中世のカトリック教会で、この日に主の受難を覚えて、頭に灰をかぶったことから名付けられた)と呼ばれ、この日から主の十字架の苦しみを覚える受難節に入る。

 受難節はレント(四旬節)とも呼ばれ、イースター(復活祭)前の6回の日曜日を除いた40日間をいう。40日間とは、主が荒れ野で40日間断食されたことに基づく。この間は悔い改めのための特別な期間で、一日一度の食事しか取らず、肉や酒の飲食を禁じた時代もあった。日曜を除くのは、日曜が主の復活の喜びの日であって、断食すべき日ではないからである。

 レントとは、神の御声を聴く時である。キリスト者としてどのように生きたらよいのか、神の御心を知る時である。それには、詩篇46:11「力を捨てよ、知れ!わたしは神」(新共同訳)「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(口語訳)との姿勢が大切である。これはどういうことか?あなたが神であることは知っている。今更、静かにしなくてもというかもしれない。しかし、本当に神の御心、御力を知った上で、私たちは主に喜ばれる信仰生活を送っているだろうか。案外、私たちは神の前に静まることなく、自分の思いで、いたずらに動き回ってはいないだろうか。

 忙しくしていないと不安な人がいる。しかし、忙しい時、人は心を失い、静かに聴く忍耐力がない。だから、すぐに人を非難し、裁く。神の言葉の中に、神の恵みを汲み取れない。困った忙しさである。霊的無能な忙しさである。信仰から遠い忙しさである。神の臨在に気が付かない危険な忙しさである。

 レントは、霊的危険な忙しさの生活パターンから、自己を解放する時である。自らの力を捨て、静かに神と親しく交わることによって、神から新たな力を頂くことができる。信仰復興の時でもある。充実したレントの期間となるように、悔い改めと感謝の祈りを献げたい。

平塚バプテスト教会

平塚バプテスト教会

グログ最新記事

自己の再発見
>> 続きを読む

チャリティコンサートの感想に励まされて
>> 続きを読む