「コウノドリ」ロケ予告 

先日、ロケの話が突然きた。聞けばTBSテレビドラマ「コウノドリ」のロケという。教育館を孤児院の設定で使わせてほしいということであった。気乗りしなかった。なぜなら、前回のロケ(2010年12月)で後味の悪い思いをしたからだ。

 というのは、前回は映画のロケで、翌年秋には全国公開上映されるということであった。しかし、一向に上映されない。製作社側からその後何の連絡もない。聞けば、プロデューサーが詐欺まがいのことをして逃げてしまったということであった。出演者等のギャラも未払いという。映画は完成したというのに。楽しみにしていただけに残念なことであった。

 今回はテレビドラマ。第1回の放映がすでに10月16日(金)から始まっている。主演は綾野剛。評判(視聴率)はいいらしい。孤児院のシーンは第5回目(11月13日)だそうだ。第1回は疲れていて睡魔に勝てず見損なった。第2、3回は眠い目をこすりながら観た。

 ドラマ「コウノドリ」は産婦人科医療の現場をリアルに表現した、新しい切り口の医療ドラマ。主演となる綾野剛が、謎の天才ピアニスト・BABY(ベイビー)としても活躍する。観た感想は、生と死を考えさせるかなりシリアスな内容なのに、暗くならず重たい気持ちにならず、むしろ生きることの喜び、力を与えるドラマだなと思った。

 ところで、何とこのドラマに準主役で吉田羊さんが出演している。彼女が最近大活躍している話は聞いていたが…。羊さんは久留米市で長い間牧師をしておられたY先生の娘である。お兄さんはS教会のY牧師。かなり昔、女優の卵であった彼女がS教会の礼拝に何度か来たとき、見かけたことがある。ベレー帽をかぶったかわいい娘さんだったという印象がある。活躍を期待したい。

 ロケは11月3日(火)の予定だが、予定は未定。ナシもあり得そう。

 後日談:やはり予定は未定であった。制作側のスケジュール調整ができず、ロケは中止。監督は孤児院のシーンを撮りたがっているとのことだが…。 

平塚バプテスト教会