祈り「苦難にある者たちの告白

この詩は、ニューヨークにある物理療法リハビリテーション研究所の受付
の壁に掲げられている。もともとはある病室の壁に書かれていた作者不詳の
詩である。この詩は「病者の祈り」という題でよく知られている。私も神学
生の頃、この詩と出会った。一度読むと忘れられない詩である。
 
 大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに、
  慎み深く従順であるようにと弱さを授かった。
 より偉大なことができるようにと健康を求めたのに、
  より良き事ができるようにと病弱を与えられた。
 幸せになろうとして富を求めたのに、
  賢明であるようにと貧困を授かった。
 世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに、
  神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。
 人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
  あらゆることを喜べるようにと生命を授かった。
 求めたものは一つとして与えられなかったが、
  願いはすべて聞き届けられた。
 神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
  心の中を言い表せない祈りはすべてかなえられた。
 私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。

 皆さんにもあるだろう。「○○ができるようにと△△を求めたのに、□□であるように××が与えられた」。
私にもある。高校3年の時、「一流大学に入れるようテストで満点を求めたのに、謙虚になるようにと数学のテストで0点を与えられた」。弱者、病者、ハンディーを持つ者たちの涙を少しは理解できるようになった出来事だった。すべて神から与えられた恵みと感謝している。

平塚バプテスト教会

平塚バプテスト教会

グログ最新記事

平塚市の意識調査より
>> 続きを読む

自己の再発見
>> 続きを読む